初めましてこんにちは!
山田幸術院 院長の山田貴光と申します。

たずさわった方の皆が幸せになるようにと
山田幸術院(ヤマダコウジュツイン)と名付けました。

・Bachelor of Chiropractic Science Diploma(カイロプラクティック理学士)
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター
・アレルセラピー会員
・臨床歴18年目

当院の施術・調整方法は心と身体、エネルギーをトータルで一つのものとして考え、肉体的・構造的にもスピリチュアルにも偏らず様々な不調に対してその根本原因を見つけ調整していきます。

何度か施術を受けることで体質が改善され、解毒する力がアップし体液、エネルギーの循環が良くなるにつれ症状も改善し、不調になりづらく回復しやすい身体になっていくのを実感できると思います。

当院で扱っているテクニックのご紹介


1.カイロプラクティック
本来のカイロプラクティックは神経系の過剰または過少を評価し脊柱を通じて調整することにより(アジャストといいます)神経機能が適正になることで体の全てのシステムが整ってきます。
当然筋肉の働きも改善され、その結果、脊柱、骨盤の歪みも解消され症状も和らいでいきます。

・当院ではむやみに関節を鳴らすような矯正をせず安全で安心なカイロプラクティックを提供しています。

2.身体呼吸療法
1988年アメリカでDr.サザーランドがオステオパシーにおける頭蓋療法という分野を確立させました。頭蓋骨の中に流れている脳脊髄液の循環を促進させる療法です。その療法に感銘をうけた神経学専門ドクターの資格をもつ大場弘先生がその体の中を循環している液体の力動性の源泉を日本人的な観点から 肋骨から骨盤の内側、いわゆる肚(はら)に見出し創り上げた療法です。古典的な頭蓋療法に、ハラ呼吸による縦方向の呼吸運動を融合させた施術方法となります。身体が本来持っている呼吸リズムを回復し、全身に呼吸運動を波及させることで血液、リンパだけでなく筋肉や内臓などの体液や組織の呼吸を広げ、身体が本来持っている呼吸運動を取り戻していきます。非常に繊細な治療なので老若男女どなたにでも受けていただけます。
(詳しくは大場徒手医学療法室のHPをご覧ください)
・一人ひとりの身体の内部に息づいているリズムに接触することで、身体全体を包むように誘導し、身体を楽にしていくという優しい施術です。

3.アレルセラピー
地球レベルでの環境悪化が叫ばれていますが、外部環境の悪化は内部環境に反映され、身体各部位には膜透過性の違いにより様々な物質が溜まり、それらの物質を総称して生体異物(ゼノバイオティクス)と呼びます。ブルースリプトン博士によると、細胞は細胞膜のタンパク質を介して生体異物のエネルギー場を感じ取り、自らの身体の拒絶へと繋がります。

拒絶対象が動脈である場合、動脈は緊張しますので、虚血状態により痛みやコリや病気が引き起こされます。

日々の食べ物には農薬や様々な化学物質が混入しているため、体に良い栄養素にまで拒絶が広がケースがあります。日常吸っている空気には、PM2.5や化学物質・ウイルス・細菌・カビなどを始めとする大気汚染物質が含まれているため、本来栄養の宝庫である花粉やさらには酸素への拒絶につながることも珍しくありません。花粉の主成分はタンパク質であり、リーキーガッド症候群によるタンパク質アレルギーが様々なアレルギー症状の連鎖を引き起こす場合もあります。アレルセラピーでは、アレルギー形成の原因となったこれらの物質・感情、病原体を割り出し、その固有振動数で干渉させることにより、アレルギーをリセットします。

☆アレルギーから自己免疫疾患へ 
肩こり・頭痛・腰痛・手足の痺れといった不定愁訴の多くが自己免疫疾患の予備軍である可能性があります。脊椎を矯正しても筋肉をほぐしてもその痛みやコリがとれない時は、自己の身体への拒絶がその原因となっている事があるのです。このようなケースでは、細胞レベルでの問題である主要組織適合抗原の異常や、変性タンパク質の異常を量子的にアプローチすることで症状の解決への道が開かれると考えています。
アレルセラピーセンターのHPより)

・当院では、身体各部位に溜まった物質(生体異物)が何であるのかをキネシオロジー検査で割り出し、量子物理的干渉でリセットし、身体に優しい手技療法へと繋げます。